TEAM
チーム紹介

Jリーグ 松本山雅FCとの連携協定

 松商学園高等学校と株式会社松本山雅FCは、ユース年代の選手育成に関する連携協定を

締結しています。

 本協定に基づき、松本山雅FCより松商学園サッカー部へ指導者派遣していただく一方で、

松商学園に通学する松本山雅FCユースアカデミーU-18所属選手の大会派遣や

学校生活指導などをサポートさせていただいております。

 学校とクラブの連携の更なる強化により、ユース年代・長野県内のサッカー環境の充実、

将来サッカーで活躍する人材輩出だけではなく、地域社会のリーダーとなって活躍する

人材育成に取り組んでいます。




松商学園サッカー部の目指す姿

 松商学園サッカー部では、「サッカーを通じた人間形成、サッカーから社会に通じる原理の追求・社会で活躍する人材育成・輩出、地域・社会への貢献」をクラブ理念として活動しています。


【松商学園サッカー部が目指している方向性】

  • 自主独立(学校目標)

  • 集団活動において、主体性や協調性を身につける

  • 部活動での役割を完遂することで、社会に出ても役立つスキルを身につける

  • 法令遵守、サッカー部員として誇りを持った行動

  • サッカーを楽しむ

  • 練習、試合を通じたスキルの向上

  • サッカー以外でも認められるチーム・選手を目指す(学業・生徒会・学校行事)

  • 誰からも応援してもらえるチーム・選手を目指す(地域・社会への貢献)


松商学園サッカー部の歴史

 1967年(昭和42年)同好会(翌年部に昇格)として発足し、今年創部54年目を迎えます。(昭和25年頃3年間ほど同好会として活動していた時期があります)創部以来、県大会で何回か準優勝してはいたものの、全国大会へは平成元年のインターハイが初めてで、平成元年以降の30年間で、夏のインターハイ、冬の高校サッカー選手権の両大会で合計30回の全国大会出場を果たしています。これは長野県随一の成績です。

 練習環境としては、2010年に念願の松商学園総合グラウンド(人工芝サッカー場)が完成し、長野県内では最高峰の環境で毎日のトレーニングを行うことができます。(2021年9月~新人工芝へ張り替え完了)



 また、松商学園総合トレーニングセンターは冷暖房完備の快適な環境の中で、ダンベル・バーベル・エアロバイクなどのトレーニングマシーン一式、身体データ計測器・酸素カプセル・パワープレート等を完備する、全国でもトップクラスの環境です。全部活、全生徒が朝練や自主トレーニングに使用できます。


2022シーズン キャプテン紹介

【主将】

奥原 悠陽(新3年・梓川中学校)

安藤 竣(新3年・FCベルテール・東京都)

丸山 侑大 (新3年・AMBICIONE松本)

池原 孝宜(新3年・グランデ・アメージング・アカデミー山梨・山梨県)


【副将】

上田 卓輝(新2年・松本山雅U15上伊那)

陶山 快斗(新2年・FC AZUL)

平尾 風詠(新2年・FC CEDAC)

筒木 陸斗(新2年・FC ASA FUTURO)

中村 みらの(新2年・アウトラインFC・岐阜県)



各カテゴリー目標

【TOP】

•長野県高等学校新人体育大会優勝

•長野県1部リーグ優勝→北信越プリンスリーグ昇格

•全国高等学校総合体育大会出場

•全国高校サッカー選手権大会出場


【2nd】

•長野県2部リーグ優勝→長野県1部リーグ昇格


【3rd】

•長野県3部リーグ優勝→長野県2部リーグ昇格


【Rookie】

•北信越ルーキーリーグ2部優勝→北信越ルーキーリーグ1部昇格


主な実績

・全国高校サッカー選手権大会 出場13回

1993 第72回大会 ● 1-2 四中工高(三重県)
1994 第73回大会 ○ 1-1 情報科学(大分県)PK4-2
         ● 1-1 帝京高校(東京都)PK3-4
1995 第74回大会 ○ 2-1 追手前高(高知県)

         ● 1-1 佐賀商高(佐賀県)PK1-3   全国ベスト16
1996 第75回大会 ○ 1-1 作陽高校(岡山県)PK4-1
            ○ 3-2 大分高校(大分県)
            ● 0-3 桐光学園(神奈川県)  全国ベスト16
1998 第77回大会 ● 1-2 国見高校(長崎県)
1999 第78回大会 ● 0-4 鹿児島実(鹿児島)
2000 第79回大会 ● 0-2 私立暁高(三重県)
2001 第80回大会 ● 1-4 国見高校(長崎県)
2003 第82回大会 ● 1-2 南宇和高(愛媛県)
2007 第86回大会 ● 1-4 東福岡高(福岡県)
2009 第88回大会 ● 1-4 作陽高校(岡山県)
2010 第89回大会 ● 5-5 野洲高校(滋賀県)PK3-4

2013 第92回大会 ○ 4-3 西京高校(山口県)
           ○ 2-2 広島皆実(広島県)PK4-2
           ● 0-3 修徳(東京都)      全国ベスト16

  • 全国高校総体(インターハイ) 出場14回

  • 北信越大会優勝3回   ・長野県新人体育大会 優勝10回

  • 高円宮杯全日本ユース選手権大会 出場2回

  • 天皇杯全日本サッカー選手権大会 出場1回 (長野県サッカー選手権大会優勝)

  • JFA U-18プリンスリーグ北信越2005 ~2009(準優勝含む)


サッカー部卒業生の進路

【主な進学・就職先】

《国公立大学》

信州大学、山梨大学、金沢大学、新潟大学、富山大学、茨城大学、東京学芸大学、都留文科大学、福岡教育大学


《私立大学》

明治大学、青山学院大学、中央大学、法政大学、日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学、順天堂大学、文教大学、日本体育大学、国士舘大学、東海大学、東海学園大学、東京歯科大学、東京理科大学、東京国際大学、国際武道大学、玉川大学、神奈川大学、桐蔭横浜大学、亜細亜大学、関東学院大学、山梨学院大学、城西国際大学、千葉工業大学、千葉商科大学、明海大学、日本福祉大学、岐阜協立大学、中京大学、関西学院大学、関西外語大学、京都外語大学、大阪体育大学、摂南大学、同志社大学、流通経済大学、立正大学、長野保健医療大学、松本大学、他多数。


《専門》

松本大学松商短期大学部、松本理容美容専門学校、日本ホテルスクール専門学校、東京工学院専門学校、八王子専門学校


《就職》

長野県警察、埼玉県警察、神奈川県警察、松本広域消防、海上自衛官、

松本市役所、長野オリンパス(株)、トーエ・ネック(株)、他多数。


《Jリーグ・JFL入団》

セレッソ大阪、サガン鳥栖、松本山雅FC、AC長野パルセイロ、ベガルタ仙台、愛媛FC、

栃木CFC、東京武蔵野CFC、高知ユナイテッドFC


《地域リーグ》

アルティスタ浅間、アンテロープ塩尻、沖縄SV


《海外》

アルビレックス新潟シンガポール、Balls Paddock Home of Bulli(オーストラリア)、

FC Stadlau 1913(オーストリア)、FavAC(オーストリア)、Phoenix College(アメリカ)、サンフランシスコ州立大学(アメリカ)

ドイツ留学、イギリス留学、アメリカ留学、デンマーク留学


《その他》

Jリーグ担当審判員(浅田武士)、松本山雅FCトレーナー、

ボアルース長野フットサルクラブ、セパタクロー日本代表(小林裕和)



アクセス
松商学園総合グラウンド
長野県松本市新村1956